title_top_iris.png

よくある質問Q&A

支援費について
提供サービスについて

よくある質問【 支援費について 】

支援費制度ってなんですか?
障がいをもつ人自らがサービスを選択し、事業者と対等な立場で契約を結び、サービスを利用する制度です。
支援費とはなんですか?
障がいを持つ人が、サービスを利用された時に発生する費用のうち、一部をサービス利用者が負担し、残りを「支援費」として市町村から事業所、施設に支払われます。
支給申請はどのようにするのですか?
お住まいの市町村の障害福祉担当窓口や地域の相談機関等で、どのようなサービスを、どのような組み合わせで利用したらよいのか等について、相談支援を受けたうえで、市町村担当窓口でサービス支給申請を行ってください。相談支援事業所の相談支援専門員がお手伝いすることができます。
サービスの利用申し込みは、どのようにすればよいのですか?
利用者は、サービスの支給決定を受けたサービスの種類ごとに、県知事が指定した事業者・施設の中からサービス提供を受ける事業者等を選び、受給者証を提示して、サービスを利用を申し込みます。相談支援事業所の相談支援専門員がお手伝いすることができます。
支援費の支給決定はどのように決まるのですか?
市町村は、支援費の支給決定にあたって、障がいの程度だけでなく、介護を受けられる方の状況、その他のサービスの利用状況、支援の必要性の大きさ、住宅環境等を考慮して、「支給量」「支給期間」「利用者負担」「障害程度区分」を決定し、これらの事項を記載した『受給者証』を交付します。
「支給量」ってなんですか?
支援サービスの種類ごとに、月を単位とした一定の期間内に期間内にどれくらいのサービスが必要となるかを決めるものです。
「障害程度区分」ってなんですか?
介護支援サービスを受ける際に、障害の状況に基づいて生じる支援の必要性の大きさにより設けられた区分のことです。サービスの種類ごと、入所・通所の区分ごとに設定されます。なお、市町村が施設に支払う支援費の額は、この障害程度区分に応じて支払われることになります。
利用者負担額はどう決まるのですか?
サービス利用者の費用負担は、厚生労働大臣が定めた基準を上回らない範囲内で、利用者本人または扶養義務者の負担能力に応じて、市町村長が決定します。なお、サービスによっては、利用者負担額とは別に日用品費・食費等の実費が必要な場合があります。
代理受領とはどのようなしくみなのですか?
支援費は、本来、利用者本人に支給される性格のものですが、指定事業者・施設が利用者に代わって請求し、受領します。このしくみを代理受領と呼びます。このしくみにより利用者が一時的に費用の全額を負担とする必要がなくなります。
サービスを利用する前に施設の見学をしたいのですが、どこに申し込めばよいですか?
相談支援事業あいりすにお問い合わせください。見学希望施設と日程の調整を行います。見学は大歓迎ですので、お気軽にお問合せください。
障害者自立支援法ってなんですか?
支援費制度の課題を解決するとともに、障害のある人々が利用できるサービスを充実し、いっそうの推進を図るために、障害者自立支援法が制定されました。詳しくは、社会福祉協議会のホームページで新制度説明パンフレットがご覧いただけます。
障害者自立支援法が施行されて、何が変わったのですか?
(1)障害の種別(身体障害・知的障害・精神障害)にかかわらず、障害のある人々が必要とするサービスを利用できるよう、サービスを利用するための仕組みを一元化し、施設・事業が再編されます。また、就労支援が強化されます。
(2)利用者負担が、所得に着目した応能負担から、サービス量と所得に着目した負担の仕組みに見直されるとともに、障害種別で異なる食費・光熱水費等の実費負担も見直され、3障害共通した利用者負担の仕組みとなります。

よくある質問【 提供サービスについて 】

短期入所事業を利用する場合、送迎サービスはありますか?
加賀市、小松市については実施しております。ただし、曜日、時間によってはご相談させていただく場合があります。
サービスを利用する前に施設の見学をしたいのですが、どこに申し込めばよいですか?
各市町村の相談支援事業所もしくは、直接南陽園相談支援事業あいりす(0761-74-8300)までご連絡ください。見学希望施設との日程調整を行います。
見学は大歓迎です!お気軽にお問い合わせください。
給食はありますか?(通所の場合)いくら必要ですか?
各施設で給食サービスは行っております。昼食は1食630円ですが、食事提供体制加算の対象の方は、210円となります(昼食のみ)。
食事の要望は聞いてもらえますか?
できる限りご要望に応じた食事を提供できるように勤めています。選択メニューや季節に応じたメニュー等も実施しております。
なお、食事の形態は、身体等の状況に応じて対応させていただいております。
サービス利用時に、どのような形態がご希望かを確認いたします。
通所の利用の場合、送迎サービスはありますか?
各施設で実施しています。送迎対象エリアは、加賀市、小松市、能美市です。
サービス利用時に希望の有無を確認し、希望される方には乗降場所、時間をお伝えします。
訓練等給付サービス等(介護給付以外)をご利用の方に限り、1回あたり200円、月額2,000円の送迎費の負担があります。
詳しくは、ご利用相談時、担当者にお尋ねください。
リハビリは受けられますか?
生活介護事業を実施している事業所ではリハビリサービスを提供しています。集中してリハビリを受けたい方は、「機能訓練事業」(レイクサイド楽)をご利用ください。
働きたいと思っているが、できるかどうか自信がないので体験したい・・・。
当法人が実施している就労系事業所で実際の仕事を体験することができます。送迎費は必要ありませんが(実施エリア内に限る)、食費は実費負担(630円)となります。
サービス利用にあたって年齢制限はありますか?
基本的に65歳以上は介護保険サービスが優先となりますので、市町村の福祉課にお尋ねください。
土日はお休みですか?
通所事業については、月曜日から土曜日まで営業しておりますが、一部土曜日をお休みしている事業もあります。詳しくは、各事業の営業日をご参照ください。
通院等の対応はしてもらえますか?
入所施設の場合は、核施設の協力病院であれば対応させていただきます。個人で希望される病院がある場合は、ご家族の対応となります。
通所事業の場合は、通院の対応はしておりません。
通院に支援(介護)を要する場合は、「通院介助」等の居宅サービスをご利用いただくこととなります。

ようよう館ようよう館
やすらぎ館やすらぎ館
楽館楽館
セルプ館セルプ館
うさぎ館うさぎ館
小松食賓館小松食賓館
総合生活介護支援夢兎明の館総合生活介護支援夢兎明の館
能美まーる館能美まーる館
あいりすあいりす
採用情報採用情報
お問い合せお問い合せ